「粗食」のイメージ、いろいろあるのね。

先日、職場の健康診断があり、中年同僚同士で結果に一喜一憂です。30代も後半になると、体重やスタイルが気になる、ではなくて、高血圧や高脂血症で要再検査になるのが面倒で・・・という陰気な話題が圧倒的に。食生活も生活リズムもさほど変えていないのに、不思議に血圧って上がっていきますよね。一昨年は残業が多く、朝早く起きてお弁当を作る気力もないため、外食や中食に頼り切りでした。遅い時間に夕食を取るのも相まって、いろんな数値がダメダメに。心を入れ替え手作り&野菜たっぷりの料理に切り替えましたら、家族には不評でも今回の検診結果は問題なし、になりました。この事をランチタイムに話していたら、男性や子供はどうしても油っこいものを食べたがるし、魚じゃ文句を言うから肉を食べさせないとダメだよねー、などといろんな愚痴や健康管理の難しさに話が広がること。私は今までの「野菜中心・タンパク質は大豆と魚から・きのこや雑穀ごはんでミネラル摂取」の食生活のことを、「禅寺みたいな粗食を貫いたわよー」と話したのですが、同僚が「そんなのうそうそ、あなたのお弁当はいつでも豪華じゃん!!」と言ってきてビックリ。家庭菜園で穫れる野菜をメインにして、高価な食材なんて全く使ってないのにどこが豪華なのよ、と訊くと、「手間ひまかけて栄養バランスを考えた料理のことは粗食って言わないわよ、菓子パンとカップめんとか、コンビニ弁当ばっかりのことを粗食って言うのよ。」とのこと。うーん、そうかも知れない。コンビニで何か買うとしたら、サラダやスープや飲み物をつけてうっかり千円超え、なんてことも多いけど、カロリーは豊富でも栄養素は炭水化物と油脂ばっかりだものね。だけど悪いことに、その場には菓子パン大好き・ダブル炭水化物大好きを豪語する同僚もいて、自分が責められていると感じたのか、「自分が美味しいって感じるものを食べるのが身体に良いことなのよ、私はおにぎりとお好み焼きとか、つけ麺と肉まんとか大好きでいつもこんなのだけど、検診結果は問題ないし、制服の号数も変わってない!!」とちょっとキレ気味。みんな慌てて「そうよね、〇〇ちゃんのスタイルの良さは変わらなくて羨ましいわ」「だけど私がマネをしたら、絶対に太っちゃう」「親が糖尿病なのよ、怖くて真似できないわ」とフォローしまくり。さて、心の満足と財布の都合と栄養バランス、どれが大事なのかはあと10年後のお楽しみかな。
コピペチェック結果35%
チェック結果詳細
コピペチェックOFF
非承認