パート主婦が実践!ゆるゆるダイエット

30代半ばになり、洋服のサイズがMからLになりました。

出産のせいにして早6年。
これは本腰を入れてダイエットを決行しなければ、LがLLになる日はそう遠くはない。

一大決心をしてから、いざジョギング!ではなく、まず情報収集。

いろいろな雑誌や書籍やサイトを読み漁り、
私が辿り着いた方法は「ゆる糖質制限もどき&ゆるレコーディングダイエット」。

子育てをしながら、パートにも行きながら、家事もこなしながら、ダ
イエットを持続させるためには、ゆるーくである、ということが大事!

糖質制限とレコーディングダイエットに勝手に(ゆる)を付けて、この方法を採用。

ゆる糖質制限は、朝食と昼食は糖質もしっかり食べて、
夕食時のみ糖質を制限する、というもの。

パート主婦はお昼もしっかり食べなければ、午後の仕事が務まりません。

職場の人に「あ、ダイエットしてるの?」なんて言われるのも癪にさわるお年頃ですし。
この方法ならば低血糖になる心配もありません。

ゆるレコーディングダイエットは、
レコーディングダイエットアプリにその日に食べたもの適宜を入力していく、というもの。

食材やメニューを細かく入力してカロリーを計算、なんてストイックにはやりません。
あー、食べすぎたなぁ、とか、
今日はバランスいいなぁ、と気づける程度で満足。

自分が食べているものに改めて目を向けることもできるし、
メニューを選ぶ際にも、あまりにもコッテリしたものは食べないようにしよう、とストッパーにもなります。

と、まぁ、ゆるゆる始めたのですが、
これがなかなかパート主婦の自分に最適の方法で、効果もゆるゆると出る!

まず、夕食時に糖質を抜いて分かったのは、
今までの自分は食べ過ぎていたんだな、ということ。

いつもお腹いっぱいになるまで食べていたけれど、
汁物とおかずで十分満足できることが分かりました。

朝と昼はしっかり食べているし、栄養が偏る、なんてことはありません。

レコーディングに関しても、食べたものと一緒に、
生理日やお通じに関しても入力していくので、自然と自分の食生活と体調を見直すことができました。

毎月生理前には同じような食材・メニューを選んでいることが発覚したり、とこれは大きな発見です。

人相が変わりました!というほど痩せられてはいないけれど、
お尻まわりや、輪郭はすっきりした感じ。

この方法はパート主婦の私でもはしばらく続けられそうなので、LからMになる日も近い!はず!