いざというときに便利な地震速報

普段は使わないし、地震なんて来なければいいんだけどその瞬間は突然やってきます。
いざというときのために準備をしておかないと、もしかしたら大変な事になってしまうかもしれません…

スポンサーリンク

地震速報アプリ”ゆれくる”を使用しています。

自分の住んでいる家が”土砂崩れ警戒地域”に該当しているので地震情報には敏感になっています。私は地震速報アプリを使用しすぐ逃げられうよう常に心掛けています。アプリの良いところは「あと何秒後に来る」がわかるところです。心の準備ができます。そして地震後「今の震度何だったのだろう」という疑問もすぐ解決してくれます。アプリを持っているかいないかは、危機管理の精神があるか否かでわかります。防災意識が薄れてきていますが、アプリをもっている方、つまり日頃からの備えを大事にしている方とお付き合いしていきたいと考えています。

どこにいても安心!

地震速報アプリは昼でも夜でも時間を問わずプッシュ通知で知らせてくれるので役立っています。また、位置情報をアプリが把握しているので、煩わしい設定も無く、どこにいても安心できると感じています。リアルタイムで情報を知ることが出来るところがいいところだと思います。

日常生活の中で地震など災害を通知するアプリは重要

東日本大震災以降は地震など災害を通知するアプリは日常生活の中で重要と感じるようになりました。現在利用しているのはYahoo防災速報のアプリで住んでいる地域を登録しておけば地震速報はもちろんですが、雨や雪などの災害の通知もしてくれます。そのため地震など災害が起きた時にはすぐに対応出来そうで助かります。




地震速報アプリで便利なのは、Yahoo!のY!防災速報が便利

大手キャリアが提供するスマートフォンや携帯電話では、専用アプリとして緊急地震速報が組み込まれています。しかし、格安SIMや格安スマホの場合、地震速報アプリは吟味する必要があります。そこで便利なのが、Yahoo!のY!防災速報です。緊急地震速報以外に、気象や火山情報、河川水位などの防災情報が通知されます。機能が充実していて、無料で使用できる魅力があります。

離れていても

地震って自分で体感して慌ててテレビやスマホで確認するってことがすほとんどですが、私は中越地震の時、新潟で今揺れた!と関東の母に電話したらその数秒後に母のところが揺れて、まさに日本列島って繋がってるんだなと思ったことがあります。地震のアプリやテレビの速報はまだまだ地震直前に告知することはできませんが、離れたところで揺れたら来る!と準備することはできると思いますね。