あなたは母の日に何を送りますか?

今日は皆が何を送っているのか見て行きましょう。

母の日に花束

スポンサーリンク
花が好きな母に、母の日に花束を贈りました。鉢植えち迷いましたが、鉢植えだと世話をしないといけないので、手間をかけるかなと思い、花束にしました。とても喜んでくれて、枯れるまで玄関に飾ってくれて、見るたびに私も癒されましま。

私の母の日のプレゼント

私の母は小学校で働いているので、通勤や授業で外に出ることが多いです。ですので、日焼けする機会が多くなってしまいます。母は日焼けをとても気にしていたので、あまり自分のモノを買わない母に紫外線カットつきのパーカーをプレゼントしようと思っています。

母の日は食事会

母の日は家族みんなで食事をすることにしている。何を贈るわけでもないのだが、なんとなく続いている習慣だ。孫が産まれ、家族が多くなっていく。20年前、4人でしていた食事も今では11人。何の会なのか、わかっていない子どもたちも「ありがとう」といっている。

初めて渡したプレゼント

小学校3年生の時に学校の授業で初めて家庭科が始まり、針と糸を使って縫う事を教わったので、母には内緒で貯金箱に貯めていたお小遣いで手芸屋さんに行き、お店の人に相談しながら母の好きな花柄の生地を買って来て、母のいない時にコツコツと手縫いして、手作りのエプロンを作ってあげて母の日にプレゼントしました。慣れない針で指を何回か刺してしまい、多少生地に血が付いてしまいましたが、その事を正直に話したら余計に感動してしまったそうで泣いて喜んでくれました。今でも大切にしてくれています。

○○券のプレゼント

私が小さい頃、母の日にプレゼントしていたのは、肩たたき券です。普段から肩たたきをお願いしてきた母に、少しでも気軽に頼めるようにと思い、プレゼントしました。現在、母親となった私も、娘からお手伝い券や肩たたき券をもらうようになりました。物もうれしいけど、その人を思って作ってくれる○○券は、私にとって特別なものです。

ベタだけどカーネーション

中学生のとき、お小遣いを持って花屋に行った。カーネーションの切花を買って、母の日に渡した。母は、「○○が初めて花を贈った相手はお母さんだ」と笑って言った。未だにカーネーション以外の花を買うことに抵抗があるんだけどね。

思い出に残るものをプレゼント

私は、小さいときに父親を亡くし、片親で育ててくれた母親に大変感謝しております。そのため、毎年母の日にはお花と感謝の手紙を添えて、プレゼントしております。母はその手紙を毎年大事にとっているようで、嬉しいと言ってくれます。また、母の日以外では、毎年二人で旅行に出かけております。去年は北海道へ行きました。親と一緒にいられる時間って以外と短いものです。日々の感謝も恥ずかしからずにちゃんと伝える事も大事だと思います。

一生に一度の子供達からのプレゼント

母が大病を患った後の母の日は、初めて兄弟3人でお金を出し合いプレゼントを贈りました。いつも安物の財布しか使っているところを見たことがなく、プレゼントはすぐに財布と決めました。60歳を過ぎた年齢だったので外観は落ち着いたベージュ色で。内装は桜の柄が入っていて、開くととってもキュートなのです。とっても喜んでくれてそれから長い間使ってくれました。

今年の母の日のプレゼント

毎年、母の日にはプレゼントを送っています。ずっと、寄せ植えなどの植物でしたが、母がもう面倒みれないからよいと言ったので、他のものを送っています。今年は、お気に入りのメーカーのハンドクリームとリップのセットを購入しました

ひとつの季節としての母の日

時期的にさくらんぼが出る時期なので、化粧箱に入れてもらい、贈答しています。毎年考えるのも大変だし、季節感のないお菓子を贈るのもどうかと考え、学生時代から10年以上、変えていない。母親の感想は聞いていないが、1週間後に顔を出すときにはいつもなくなっているので、不満はないようです。