知らなかった・・チョコレートってこんな使い方あったの?

お金持ちはチョコレートが好き

テレビなどのメディアによく出演している、元芸人の占い師さんが言っていたのが、

スポンサーリンク
「お金持ちは毎日食べるほどチョコレートが好き」と言っていたので、私も真似してチョコレートを毎日食べています。効果はまだ出ていません。

心の癒しにチョコレート

忙しい毎日のなかで、少しの息抜きと余裕が必要になる事があります。そんなときにはチョコレートを食べて心を落ち着かせるのがわたしの癒しになっています。甘いチョコレートのお陰で今日も元気に穏やかに過ごせます。

チョコレートの食べ過ぎ=鼻血が出るのは嘘?

よく、チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出るよ!という話を耳にしますが、あの話は迷信らしいです。医学的根拠はゼロらでしいですよ。ただ、花の粘膜を刺激するらしいので美味しいとは言えど、一気に大量に食べるのは注意したいですね。

ビターがベター

ビターチョコの優れた効能が脚光を浴びて美容食とも崇められ、おかげでビター好きの私は堂々とチョコライフを満喫することができます。以前から精神安定剤ということで、ずいぶんと疲れたハートを癒してもらいました。

料理の隠し味にチョコレート?

チョコレートはお菓子として食べることがほとんどですけど、実は料理の隠し味として使われることも多いみたいです。カレーに入れるというのは知っていましたが、パスタのボロネーゼやハンバーグソースに使う場合もあるらしくて驚きです。試してみたくなっちゃいますね。

チョコレートは強い味方です

チョコレートを食べると心身ともに疲労がかいふくされます。よく登山や避難用具の食料としてチョコレートが選ばれています。私も時間がない時や次の仕事までのつなぎの体力を補いたい時チョコレートを口にします。少量でも凄く力になってくれて本当に有り難いです。

チョコレートはひまんになりにくい?

頻繁にチョコレートを食べる人ほど肥満指数(BMI)が低いとのアメリカのデータがあるそうです。チョコレートは体脂肪率を上がりにくくします。つまり脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害し、血中脂肪濃度を上げないからです。

チョコレートは薬?

チョコレートは美味しいけど甘くて太るというイメージですがその原因は甘くするための砂糖であって、チョコレートの原料であるカカオ豆はカルシウム、鉄分、マグネシウム,亜鉛などのミネラルが含まれて昔は薬だったそうです。チョコレートはたべても血中の悪玉コレステロール値は上がらないそうです。