フェレットとたわむれる毎日

我が家にはフェレットという動物を飼っています。
自分の役目は毎朝5時に起きてフェレットのケージの掃除とご飯作りで、
朝になってフェレットの部屋を覗くと、「待ってました!」のように起きており、
「早くこの狭いケージから出してくれ」と催促します。

スポンサーリンク

家の一部屋丸ごとフェレットの遊び場にしているのですが、
夜寝る時だけは何があるか分からないのでケージに入れてます。

最近はフェレットも人気のペットになるつつありますが、
やはりそれは飼いやすい点が一番だと思います。

犬や猫のように鳴かないですし、遊ぶ時に嬉しくて「クッククック」と小さい声をだすぐらいですかね。
どちらかと言えば猫に近いような気がします。

かまってちゃんになったり、つんとしたりとまさに猫のようで、
自分が家にいる時は足元をずっとついてきます。

朝もコーヒーをキッチンで自分が飲んでいると、
足につかまって上まで登ろうとしたり、遊びを催促して激しく走り回ったりします。

自分の場合、家で仕事をしており、嫁さんは外に仕事にいくので、
ほとんど私がフェレットとたわむれています。

テレビを観ていると服の中に入ってきたりして、
そのまま寝てしまうこともしょっちゅうです。

フェレットの場合、基本的には寝ている時間が20時間といわれているのですが、
我が家のフェレットはだいたい15時間ぐらいですかね。

人が家いいないと20時間寝ると思うのですが、自分が毎日近くにいるので起きているのだと思います。

だいたい私の家での時間のサークルが朝に朝食のパンを焼きながら、
フェレットと遊び、7時くらいから自分の執筆作業をし、
昼間お腹が空いたな~と思ったらリビングにいきテレビを観ながらカップラメーンを食べ、

そこで一時間くらいフェレットと遊んで、また13時くらいから執筆作業をはじめ、
夕方になると嫁が帰宅するので、その前に夕ご飯を準備して嫁が帰ってきたら晩酌という毎日のサークルです。

我が家は子供がいないのでフェレットが子供みたいなもので、可愛くてしょうがありません。

フェレットを飼っていなかった時と比べて、
嫁との距離も縮まったように思えますし、やはりペットを飼っていると何かとペットに教えられるもんですね。