あなたの知りたい交通情報はこちら

渋滞中の密かな楽しみ

私には、渋滞中の密かな楽しみがあります。

スポンサーリンク
私の前方を走る車のナンバープレートの数字を利用します。その数字を利用し「+-x÷」を利用し計算し「=0」にすることです。助手席に誰かが乗っていても渋滞中、寝てしまったりしたり1人で渋滞に巻き込まれた時に脳を使う「暇つぶし」に数学遊びは意外と私を楽しませ達成感を与えてくれます。

渋滞にはしりとりがイイ感じ!

彼の車でよくドライブに行きますが、渋滞の道路標示が出ると、必ずしりとりを始めます。最初は私がクイズを出して気を紛らわせていたのですが、ネタが尽きてきたし、答えられないと余計に彼のイライラが増すこともあるので、今はもっぱらしりとりです。しりとりは適度に頭を使うため、眠気を吹き飛ばすのにも役立つのですよね。わざと「ん」がつく言葉を言ったり、さかさましりとりをしたりと変化をつけて楽しんでいます。

信頼できるおすすめのアプリは間違いなく「Y!カーナビ」

車で外出する際の必須アイテムといえばカーナビ。いまやスマートフォンで簡単にDLでき、誰でも無料で使えるようになった。数あるカーナビアプリを試してみた筆者のお勧めは、間違いなく「Y!カーナビ」である。こちらはもはや説明は不要。Yahooの提供するアプリである。このアプリの便利なところは、yahooアカウントと連携することで渋滞情報がリアルタイムに表示されることだ。精度は抜群に良く、筆者もこのアプリに何度も助けられてきた。無料なのでぜひ1度試してみていただきたい。

捨て左折

渋滞は主に早すぎるブレーキランプが後続に連続して発生して起こってしまう現象なのですが渋滞に巻き込まれた時は捨て左折という意図して右折での信号交差点に入り込まないで捨て左折で直角的に信号交差点に入り込むことで右折渋滞に巻き込まれなくなる。

ゴールデンウイィークに長崎へ

五年前に家族でゴールデンウイィークに長崎に行きました。その日に急に行く事になり本当に突然の長崎日帰り旅でした。ゴールデンウイィークに長崎に行く事が、どれだけ大変か時間がかかりラッシュに合うかは分かっていましたが長崎に行きたくて行きました。運転は主人でしたが行きは四時間に帰りは八時間かかりました。これだけの渋滞に合うのは始めてでした。主人はもう二度とゴールデンウイィークに長崎には行かないと言っています(笑)

車間距離を開けると渋滞が起きない

GWに遊びに行く予定だったので、渋滞情報を調べていた時に、タイムリーにテレビの情報番組で渋滞にならない方法っていうのをやってました。全車が車間距離を40メートル開けると渋滞は起きないというものでした。先日、見事に渋滞にはまり試しました、多分、私以外にもやっている車がいました。渋滞は渋滞でしたが、始終、20キロ程度は動いていたのでブレーキをあまりかけず、寝ている家族を起こすことなく運転できました。渋滞時間も表示時間よりは短かったと思います。みんなでやればいいと思います。

ちょっと焦った渋滞

会社の帰り道、事故による交通渋滞にあいました。18時までの勤務だったので、あたりはすっかり暗くなっています。この時間、自宅には小3の子供がお腹をすかせて一人で待っています。どうしよう、迂回した方が良いのかしら?運転にあまり自信がなく、暗い中、慣れない道を走るのも気遅れします。どうしよう、どうしよう。あまり遅くなると、子供が不安になって泣いてしまうかもしれない。この渋滞はそこまで続くのだろう?やっぱり迂回?でもみんなが迂回していて逆に時間がかかるかも?そんな疑問が頭の中をグルグルと。少し焦りながら、流れに任せて自宅までたどり着くと、いつもよりほんの数分の遅れでした。焦っていた時はあんなに長く感じたのに。待っていた子供は、私がいつもより帰りが遅かったことにも気づいていませんでした。取り越し苦労で済んで良かったな、と思いました。