読売新聞の口コミ一覧

読売新聞の購読勧誘が凄すぎる

田舎ではかなり幅を利かせていた読売新聞。

スポンサーリンク
購読契約時にもらえる商品が凄すぎてついつい購読してしまうんですね。もともと、購読するからプレゼントあげるというのは違反らしいのですが、昔はお構いなしでした。今は、新聞を購読していないので勧誘がどれくらいか分からないのですが、かなりしつこく購読を迫られ無理やり商品を渡されたことがありました。新聞なんてどこも一緒だろうであれば特典があるほうがいいですが、内容で勝負してもらいたいですね。

讀賣新聞は世界最大の新聞社

日本を代表する新聞社である讀賣新聞は実は発行部数でみると世界最大の新聞社でもあります。日本ABC協会という第三者機関が発表しているデータによれば900万部以上を発売・発行しています。これは世界的に見て最も多い部数なのです。

野球は巨人中心の記事構成

阪神タイガースファンで、しかも関西版を購読していますがそれでも記事は巨人主役の記事構成なのが特徴です。阪神が勝利した時は記事面積が少ないですが、巨人が勝利したときは記事面積が大きく、もう少しだけでいいのでなんとかしてほしいといつも思っています。

読売新聞の好きなところ

私が子供の頃からずっと読売新聞をとっていますが、変わらず取り続けている理由はやっぱりコボちゃんの掲載です。わかりやすい面白さ、かわいらしい絵、登場人物の豊かなキャラクター性など何年たっても変わらぬ面白さで楽しませてもらっています。

讀賣新聞の本社は箱根駅伝の聖地

正月の風物詩となった箱根駅伝は讀賣新聞が共催となっていることから大手町の讀賣新聞社本社が往路のスタート地点、復路のゴール地点となっています。実は讀賣新聞の本社周辺には箱根駅伝に関するモニュメントや箱根駅伝の解説板などが設置されています。一番すごいのは往路スタート地点と復路ゴール地点を道路に目印として埋め込んでいる点です。ここでは箱根駅伝ファンが写真撮影をしており、聖地となっています。

凄い得

読売新聞の紙面に月に二回ですが、餃子の「王将」の餃子一人前の無料試食券が必ずついています。無料試食券だけでなくて、「王将」の新製品など宣伝のスペースに切り取り線と一緒にあります。ただ、ハサミで切るだけです。持ち帰りも出来て、焼いた状態で持ち帰る場合は、10円で、焼いてない場合は、全くのただになります。

人生相談欄が良い

読売新聞で特に面白いのは、人生相談のページです。パワハラや、相続の問題、恋愛相談や、親の介護などありとあるゆる相談がありますが、毎日一つ読者の悩み事が書いてあり、それに対して心理学者や、弁護士、作家など有識者が一人的確に答えています。勉強になったり、いろいろな知識が身に付いてかなり面白いです。