大人の塗り絵にチャレンジしてみました

半年前くらいから、本屋さんで見かけるたびに気になっていた「大人の塗り絵」。
近所の本屋さんで大人の塗り絵特設ブースが出来ていたのをきっかけに、ついに購入してしまいました。

種類もすごくいっぱいあって、選ぶのに本当に迷ってしまいましたが、
1時間半かけて、猫のイラストが多い塗り絵を選びました。

私は猫が大好きなのですが、家がマンションで猫が買えないんですよね。
猫の塗り絵をすることでリラックス効果が得ようと思ったのです。

塗り絵を買う時に悩んだのが「色鉛筆も一緒に購入した方が良いのか?」ということ。

塗り絵ブースには、一緒に色鉛筆が置かれていたのですが、
36色とか100色とか、色の種類が多い高級な色鉛筆だったんですね。

しかも、良い色鉛筆ってすごく高いんですよ。

塗り絵は1200円くらいで買えるのに、色鉛筆は高いものだと一万円を超えるものもありました。

「気軽に試してみましょうって書かれたPOPが店頭に出てるけど、
こんなに道具が高いと気軽に楽しめないじゃない!」と思わず心の中でツッコミを入れました。

安いものだと三千円代の色鉛筆セットもあったので、少し悩んだのですが、
「まずは家にある色鉛筆で試してみよう、
それで無理そうならまた色鉛筆を買うかどうか検討したらいいわ」と考えました。

我が家にはほとんど使っていない12色入りの色鉛筆が引き出しの奥底にしまわれていたのです。

なんで購入したのかあんまり記憶にないくらい昔に買った色鉛筆なんですけどね。
鉛筆は腐るものではないですから。

家に帰って、いざチャレンジ。大人の塗り絵は子供用の塗り絵と違って塗る場所も細かいので、
12色で大丈夫なのかと初めは不安でしたが、
実際に塗ってみて「12色で全く問題ないな。」と思いました。

安い色鉛筆でも色鉛筆って濃さによって濃淡をつけることは十分可能ですし、
色を重ねて塗ることで違う色を作ることもできます。

良く考えたら、小学校の時に使っていた絵の具も12色しかなかったですが、
色を混ぜれば十分写生とか出来てましたもんね。

それにあまり色が沢山あっても、私の場合何色を塗るか迷ってしまって逆に疲れてしまいそうです。
ですから色鉛筆が高いから塗り絵が出来ないってことはないと思いますよ。

結構楽しくてハマるのでおすすめです。