Googlemap便利な使い方

Googlemap

目的地までちゃんと行くための確認ツール

初めての場所へのお出かけ、今はカーナビがあるのでとっても楽です。

スポンサーリンク
でも、困るのが「目的地周辺です。案内を終了します」でいきなりナビが終了しちゃうこと。運転しながら地図なんて見れないし、この前は地図上では近かったけど、間に山(丘?)があってぐるっと回る羽目になりました。結局「目的地周辺」についてから15分くらい迷いました。なので、最近は必ず目的地とその周辺のグーグルマップを確認してから行くことにしています。ランドマークになる建物、ストリートビューで周辺の景色を確認していくと、突然の案内終了でもあまり動揺なくたどり着けます。グーグルマップは外出の強い味方です。




電車遅延時

googleマップで電車乗り換え検索をすると通常運行の時間でしか検索できないが、電車遅延が発生した時には遅延時間を反映させた検索結果、または迂回経路も検索結果に出てきたら非常に便利だと思います。今は遅延が発生したことも駅に行かないとわからないので、非常に助かります。

Google mapにあってほしい機能

現状でも、到着地までの経路を教えてくれる機能は、ありがたい。しかも、徒歩、鉄道、車を運転等、移動手段を選べるのは便利。ただし、到着地にその経路通りに到着したときの気温・天候等、到着したときの状況が把握できるとなおよい。





新しい営業先を訪ねる際は

外回りの営業さんには便利だと思います。Googleマップを開き、営業先の住所を入力、その後、現時点の住所を入力して検索ボタンを押すと、最短のアクセスルートが表示されます。住所が分からなくても、登録のある会社などであれば会社名でも検索可能なのが便利ですね。

Googleマップでリサイクルショップ探し

古本や中古のカメラなど、リサイクル品をよく購入しますので、初めての町に行く場合などは、Googleマップで周辺のリサイクル店等を確認します。と言いましても、某全国規模の古本チェーン店などになるのですが。マップを見ながら、道なりに効率よく回るにはどうすればよいか、などと考えることもでき、便利です。

古いカーナビのサポート役

6年前に買ったカーナビには、掲載されていない道路やショッピングモールも増えてきましたが、データを更新すると費用がかかるので、スマホのグーグルマップで情報を補完しながら何とか使い続けています。新しくオープンした山間のレストランへ行ったときは、ナビが途中でしゃべらなくなったので、グーグルマップを見ながらたどりつきました。

下見に便利な機能

グーグルマップの機能で、便利で楽しいものは「ストリートビュー」です。初めて行く場所の下見として利用するのに大変重宝します。更新時期の影響で現時点での多少の誤差があるのは仕方のない事ですが、テレビのニュースでも使用しているほどですから信頼は大きいです。世界を見られるので、気軽に旅行気分を味わえるのも魅力の一つです。





会社の交通費申請に使っています

会社の仕事は車での移動が多く、社用車以外にも自家用車を使用することが時々あります。自家用車を使用した場合は、移動距離に応じて交通費を申請するのですが、その時にグーグルマップを使っています。出発地で右クリックし設定、到着地で右クリックし設定すると、出発地から到着地までの移動ルートと距離が地図上に表示されるので、とても便利です。

googleマップを、ナビとして使いっています

Googleマップは、ナビとして使えます。タブレットかスマホで、SIMがさしてあれば、車、電車、自転車、徒歩、すべての状況でナビとして使えます。電車移動の場合は、バス路線も表示されますし、車の場合は、渋滞情報も表示されます。スマホ、タブレットのバッテリーの持ちが気になりますが、その問題がクリアする手段があれば、お金をナビにかける必要は全くありません。


グーグルマップで国内旅行

グーグルマップの一番便利な機能は、ストリートビューです。地図上の地域を写真で見ることが出来ます。例えば、北海道に居ながら東京タワー周辺の写真を見ることが出来ます。これは極端な例ですが、実用的にも使うことが出来ます。初めて行く場所に車を止める場所があるかどうかや、近くにわかりやすい目印があるかどうかを確認するのにとても便利です。また、先日は祖母の実家周辺をストリートビューで祖母に見せてあげると、大変喜んでいました。昔住んでいた場所が今どうなっているのかを確認できるのも凄い所です。